日曜日の一本目は、劇団赤い風『蛾と笹舟』

シンプルに物語世界を味わいました。

自宅で、死期の近づいた祖父が椅子でうたた寝をしているシーンは、

日常と地続きの、あの世のあり方、

静かに思い起こす時間でありました。

死が病院という非日常の場所と結び付いている現代と違って、やっぱりこちらが自然な気がする。

自分はああやって、静かに自分の死期を受け入れられるのかな。

と言ったって、

今だって自分の日常とあの世とは地続きなんですよね。

(編)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree