今日は、北海道立近代美術館で開催中の『ともにいること ともにあること』へ。

国松希根太さんの《CREVASSE》、最近、札幌・北海道の地形、地質の本を読んでいたこともあって、見え方が今までと違ったなあ。

「木」の中に、時間もスケールも全く異なる「自然」が現れているのって、感動的。

真理のようなものに触れたせいか、あるいは自分の生の短さを感じたせいか、うっかり涙ぐんでしまって慌てました…

今村育子さんの《光の間》では、なぜか2015年にKAATで見たクロード・レジ『室内』を思い出しつつ。

『室内』で体験した「前触れ」という時間を《光の間》でも感じたというか。

《光の間》の揺れ動く光の感じが、あの舞台上にいた人たちの存在感と似ていたからかも。

常に私たちは「前の日」を生きていて、何かの「前触れ」を感じているのだなあ。なんか、しみじみしてしまいました。

本展は23日(木)までです。

(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree