25号から制作に携わっている、札幌市教育文化会館の広報紙「 act」。

26号は演劇宣伝美術特集ということで、札幌座の宣伝美術を手がける若林瑞沙さんにお話を伺いました。

スクリーンショット 2017-08-21 10.24.57

PDFはこちらから見れます。

若林さん制作のチラシといえば、『ブレーメンの自由』とか、

3e84c048_640-212x300

禿の女歌手』とか

stage46596_1

ローザ・ルクセンブルク』(劇団千年王國)とかも好きだなあ。

img_131115_01

そして、明日22日(火)までact26の関連企画として、教文4階ギャラリーで『北海道演劇宣伝美術展』が開催中。

DSCN7273

らてるね賞実行委員会協力のもと、300点がズラリと掲載。

DSCN7277

チラシって、初演と再演の違いを見比べるのも好きなのですが

例えばこれとかは

DSCN7274

再演だとこんな感じに。

DSCN7275

クスミエリカさんがビジュアルを手がけた、これも好きだなー。

DSCN7276

ちなみに、現在更新停止中の『ジユウダイ!』のGUIDEコーナーなんかは、チラシ好きの自分からするとギャラリー的にビジュアルを楽しむ意味もあったりしました。

actに話戻り。

チラシ好きな人にはかなり楽しめる内容だと思うので、ぜひ読んでいただきたいのですが、自分的に若林さんのインタビューで大層共感したのは

きれいだから良いという訳じゃなく、作品の熱量がスタッフ、キャスト、お客様に伝染していくチラシが、一番良いチラシなんだと思います。」という言葉です。

そうだねー!

actは上の展示会場でも教文でも手に入るので、お越しの際はぜひ。

最後に

いろいろとご協力いただいた若林さん、斎藤歩さん、本当にありがとうございました!

みんな、読んでね!

(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree