ジェレミーの展覧会も無事終わり、月火と、青く塗った壁を白く戻す作業をしておりました。

DSCN8829

下塗りを3回やって疲れた…(4回目は鈴木悠哉さんがバシッと仕上げてくれた)

DSCN8830

なえぼのアートスタジオの展示スペース、この広さと白壁と天井の高さで、札幌には他にない空間じゃないかと。

水曜日は、南俊輔さんが初・来なえぼの。

DSCN8832

南君に会うの、久しぶり。

DSCN8833

お元気そうで何よりです。

6日には先日のトークの続編的な座談会が、S-AIR事務所で。

DSCN8873

考えを文字でアウトプットする回路を持つ人と、声でアウトプットする回路を持つ人と、両方できる回路を持つ人って、いますね。

私は文字派。キーボーさんも文字派なことが発覚。天心さんは声派(さすが僧侶なだけあって、説法的な)。雄基さんは自分から見ると両方できる人だけど、本人的には文字派らしい。

一対一なら多分どんな人も考えを声に出していけると、インタビューする側の経験として思うのだけど、3人以上集まる場だと、「考えが声に乗るのを待つ」時間が途端に少なくなるからなあ。

なんてことを考えながら、みんなのやり取りを眺めていたのでした。

でも、文字でも声でも、「一度きちんと説明してみる」ってことをやらないと血肉化しないってのは、その通りだと思う。

自分の考察を文章化していく機会を、もっと増やしていかないとあかんな〜。

(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree