今日は9時に劇場前集合で、レッツ・街中会場視察ツアー。

DSCN9318

ジリジリと「今焼けてる」感のある日光で、デンジャラスな紫外線量と思われます。

道中、ロッコ(from イタリア)が「イタリアの濃いコーヒーが恋しい」と話してて、持参したエスプレッソメーカーで作ろうとするも、ガスじゃなく電気プレート仕様のアパートだった彼が試みたのが、これ。

34396151_10214735431173764_2919939284326678528_n

お味はあまりよろしくなかったらしい。電気プレートに直置きじゃダメなのかしら。

そんな話をしつつ、午前中いっぱい使って、街中の会場を巡りました。

DSCN9328

(↑情報量が多すぎて、みんなの眉間にだんだんシワが寄ってくる図。メモが追っつかない気持ち、わかるなー。)

Photo by Naoki

Photo by Naoki

(↑疲れたのか、ノートに書くのに「肩を貸して」と言われて貸してる図。)

そして、昨年はなかった会場も今年のFITSにはあって、そのうちの一つがここ。

DSCN9344

ラド・スタンカ劇場の裏手にある、出来立てホヤホヤの飲食店に囲まれたきれいな広場。

この広場にあるボランティア・センターには、「(確か)クライシス・メンバー」と紹介されていたルーマニア人ボランティアが。

DSCN9346

困った時のお助け要員、みたいなことらしい。頼もしいですねえ。

今日は昨年のチームメイトとの再会もあって、PIPOTOTALのアテンドをご一緒したロベールと、フレッシュジュースのお店でバッタリ。

DSCN9341

ロベールは、今年はスペインのカンパニーのアテンドですって。まあ〜。

ここで午前が終了。

午後からはカンパニー/ゲスト・アテンドの手順をおさらい。

説明をするのは、ナショナル/インターナショナル・ボランティア全体のコーディネーター、ペトルーツァ。

DSCN9352

情報量が多すぎて、昨年の自分はこの辺のトレーニングでかなり不安になった記憶が。

の後、FITS総監督のキリアック氏との面談。

DSCN9356

今年は一人ずつ自己紹介をする時間があって、私も張り切ってここでの活動(アーカイブ・プロジェクトとして、国際ボランティアにインタビューをしながら、FITSのボランティア・プログラムについて書きます!みたいな。)をアピールしたところ、

「APLAUZE(FITSの期間中毎日発行されるルーマニア語のマガジン)で、この取り組みについて取り上げてもらえば?」みたいなことを、キリアック氏がコーディネーターの真由美さんに言っていて、とりあえず編集長にふってみる、ということに。

APLAUZE…!

といえば、

2017年のボランティア面接の時に「いつかはAPLAUZEに書きたいんです!!!」と拙い英語で力説し、(いやいや、APLAUZEはルーマニア語だし…)と微笑ましいモノを見る反応をされたことが懐かしい…。(そりゃそうだ。)

しかし、昨日のチャールズ皇太子のことといい、ここは、通常なら考えられないことが起こってしまうシビウ。

今なら英語をルーマニア語に翻訳してくれる心強いルーマニア人の友達もいるし、超短文でいいのでAPLAUZEに書く機会があったら嬉しいなあああああ。

今年は無理でも来年とか…(と、言うだけ言う)

つい興奮してAPLAUZE部分を長く書いてしまいましたが、最後に消防トレーニングを受けて、本日は終了。

DSCN9362

説明場所がステージの上だと、この光景が芝居の一場面に見えてくる不思議。

私は今日明日で、31名いる国際ボランティア全員分の取材スケジュールを組まないとなー。うまく組めるかなー。

(編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree