あっという間の帰国前日。とりあえず最後のレストラン・ランチをいそいそと。

DSCN0178

アナ(fromセルビア)とご一緒。

スープと

DSCN0179

メイン(ピーマンの肉詰め)。これ、何回か出てきたけど、好きだったなー。

DSCN0180

帰宅後のアパートでは、他の人たちがせっせとフェアウェルパーティーに出す料理の準備をしていたのですが

DSCN0181

DSCN0182

私は茹で豚にごまドレッシングをかけるだけという超楽ちんコースだったので、一瞬で完成。

DSCN0187

昨年のお好み焼きより簡単…来年は青菜のおむすびとかにしようかな(さらに簡単)。

こちらはブルガリアチーム。

DSCN0189

チーズ入りパイと、米入りデザート。ドーナツは沖縄からのリナさんによる一品。

日本人ボランティアからは、あとタコさんウィンナーとか。

DSCN0191

ちらし寿司も結構人気ありましたねー。

DSCN0209

こちら↓は、韓国チームに葉っぱに巻いた辛いの(料理名を失念)を、口いっぱいに詰め込まれている図。

DSCN0218

この後私も詰め込まれて、結構窒息しそうになりました。

こちら↓はワサビにツーンとなってる図。

DSCN0236

中国人チームによるデンジャラスな火鍋も再び。

DSCN0245

パーティーは、昨年以上に大賑わいでありました。よきかなよきかな。

DSCN0221

ちなみにこの日のスターは、何と言ってもラドゥ・スタンカの看板俳優クリスティアン(真ん中↓)。

DSCN0252

『スカーレット・プリンセス』の主役(↓右)をした方で、

Photo:Sebastian Marcovici

Photo:Sebastian Marcovici

Photo by Sebastian Marcovici

Photo by Sebastian Marcovici

彼が通ると国際ボランティアから「シラギク〜」と黄色い声が。

DSCN0253

こうやって記念写真を撮ってあげると、遠くから「私も!私も!」と人が寄ってきて、どんどん増えていくという…(スター!)

DSCN0254

私はこの後、クリスティアンと『スカーレット・プリンセス』について立ち話。原作は『桜姫東文章』だけど、なぜ「チェリー・ブロッサム(桜)」じゃなくて「スカーレット(緋色)」なの?って聞いたら、元々もらった翻訳のタイトルがスカーレットだったことと、「緋色」から連想される女性性についての見解が。

それが作品中の桜姫の描かれ方にも現れていて、そうだよねーって盛り上がりました。

DSCN0249

(自分もちゃっかり写真を撮ってもらった。)

そのあとはスイカ割りをして、

DSCN0264

ここでもクリスティアンが茶目っ気たっぷりなパフォーマンスをし、

DSCN0281

DSCN0282

DSCN0284

あとでこの様子を撮った写真を見せてあげたら、大笑いしてました。

35728667_447426349013988_3353769180661809152_n

(雅代さん、写真どうもです)

こちら↓はお世話になったコーディネーターの真由美さん(右)との、お気に入りの一枚。

36086826_1816927101687023_9062895742095458304_n

(ボビー、写真どうも!)

その真由美さんと、コスミンへのサプライズなんかもあり

DSCN0314

良い夜でした〜。真由美さん、ご結婚おめでとうございます〜!

アパートに帰ってからも、なんだかんだと話が続き、3時就寝。

私は翌日、12時シビウ空港発の便で出発。24時間近くかけて、札幌に帰ってきました。

まだこれから、パンフレット作りなど自分の仕事は続くのですが、とりあえず今年のシビウ滞在は終了。ボランティアそれぞれの現場や演劇祭全体のことを把握できて、充実の取材となりました。

それらを今後、レクチャーや書き仕事などで還元していこうと思っております。そして、それ以外の仕事も明日から山積みっす。

時差ボケですが、頑張ります…。

(編)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree