本日、明日から公演が始まる『グスコーブドリの伝記』のゲネプロを観てまいりました。

「ゲネプロ」って聞き慣れない言葉ですけど、最後の通し稽古のことを指すようですよ。

『グスコーブドリの伝記』は自分も完成形を観ておりませんでしたし、やっぱり「実際のところ、どうなったのだろう?」と半分期待に、半分不安に思いながら教文へ。

いよいよ、スタートです。FAT!Sは毎回生演奏もあり。彼の歌声を聴くだけでも、行く価値ありますよ!

オブジェクト・シアターでは、人の形をしていない「物=オブジェクト」を命ある「者」に見立てて演じ、俳優自身もたびたび役柄として登場するなど、総合的に作品を創り上げていきます。

このクーボー博士、かなり魅力的な人物です。めちゃ鉄コン筋クリート的世界。

この汽車もすごかった。

原作と明らかに違う、オブジェクト・シアターならではの台詞もあります。私はこのシーンに、この作品の全てがあるように感じました。(写真はそのあとの様子です)

この後、とても美しいシーンがあります。

今回この写真を撮ってくれた、ハレバレシャシンの赤塚さんが、その一瞬を捉えてくれました。

でもここには載せません。ぜひ自身の目で、肌で感じて頂ければと。

物語も、登場人物(役者含む)の面白さも、舞台美術の素晴らしさも、多分これを逃すともう巡り会えない類いの作品です。

ワタクシ、終わった瞬間、感動と敬意の気持ちで一杯になりました。

本番は本番で、明日の夜観に行く予定。

WEB ORIGINALでの沢さんインタビューで、「お客さんの熱気を役者が感じて、芝居が変わる」とおっしゃっていたのを体感できるといいな。

以下詳細。逃してはならぬ!

○公演日時:2011年10月8日(土)、9日(日)
開演:両日ともに①14:00 ②18:00  ※開場は開演の30分前
○会場:札幌市教育文化会館 大ホール
○入場料:全席自由2,500円

(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree