シアターキノのHP内、WEB ORIGINALのコーナーに掲載しているインタビュー連載『Figures of Sapporo Art and Culture』

を、本日更新しました。

今回は芸森スタジオの高瀬清志さんです。インタビューはこちら

高瀬さんと言えば、AIR-Gの開局と同時に番組制作に携わったり、NORTHWAVEの開局に一から携わったり…というお方でございますが、70年代のバンド活動や当時の札幌の動きなど、とても面白いお話が聞けました。

「自分がぶっ壊れそうな感動」という言葉が、とにかく印象的で。その一連のくだりは、言葉に熱がこもっていて、まるで私もその場で体験したかのような気持ちになったのでした。

ぜひご一読を。

2カ月続けてのアップ。調子いいぞー

(編)

 

Comments are closed.