昨日はもう一つ、北海道ダンスプロジェクト(HDP)公演『新たなる挑戦 〜New Challenge〜Ⅲ』へ。

1部はHDP加盟団体のスタジオ作品。

2部はコンテンポラリー作品の公開アドバイスと、前回特別賞を受賞した加藤正汰郎さんの作品。

3部はゲストの岩渕貞太さん関かおりさんによる『Hetero』と、HDPの合同作品。

計4時間にわたる長丁場な公演となりました。

1部は、ラストを飾ったダンススタジオ マインド(舞人)が圧巻。巨大スクリーンでの映像をバックにあれだけのダンサーが踊ると、迫力ありますねえ。

ダンサーさんが舞台に入ってくるときとはけるときが、みな侍的な中腰姿勢で。あの感じも良かったです。

何と言うか、歩く走る、あるいは立っている、ってときにも「踊っている」と感じさせる方がいますけど、「それはないかなー」と思っていたところに、侍姿勢は映像の感じともマッチしていて美しいなと思いました。

2部の公開アドバイス作品も、自分は別に専門的な目は持ちませんが、そんな自分でも、やっぱり前回よりレベルが上がっているなと感じるものが。

ステキ。

個人的には、全体的に、音(曲も含む)の使い方に関してもっと精度が上がっていけば、さらに良いかもと思いつつ。

齋藤智仁さん『文字とバケツの形而上学』のそこはかとなく漂うユーモアや、桑原彩音さん『Q』の手をつないだ瞬間に巻き込まれていくシーンとか、好きでした。

浜田純平さん『I am you』も、中盤彼の踊りに引き込まれる感覚を味わったり。

加藤正汰郎さんは、前回からとても進化していて驚きました。ソロで、あの大きなステージで、あんな風に余分なものを削ぎ落として軽やかに遊べるなんて、すごい。

特に印象的だったのは、フワッと跳んだ瞬間の、まとっていたスカーフ生地の美しい揺れと身体の動きがリンクしたとき。

あの一瞬、素晴らしかったなあ。

これからが楽しみな方であります。今春、教育大学岩見沢校に進学するそうですよ。

そして。

ゲスト作品の『Hetero』。

ほぼ無音状態の中、ゆっくりと変化していく二人の身体の関係性と、ひそやかに角度や強さを変えていく照明が素晴らしい。

音は、5分に一回くらいの割合で挿入される「ため息」のみ。はー。

その前のアドバイス作品のときに、乗越さんが「抑えた中での展開の仕方や、途中で何度もリフレッシュしながら観客をひっぱっていく」ということをおっしゃっていたのですが、

本作品は「まさに。」という感じで。

1,000人以上の観客も含めての、あの無音状態ですから、なかなかに(見る側としては)サディスティックな環境だったのですけども…

でもすごかったです。

良い作品にたくさん出会えて、大満足であります。

(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree