火曜日は、札幌舞踊会の定期公演『コッペリア』へ。

「パリ・オペラ座で産声をあげたコメディ・バレエ」とな。初演は1870年ですって。

ヒロインの足がガクガク震えるあたり(がに股)とか、確かにユーモラス…

第2幕の、コッペリウスの家の人形たちが一斉に動き出すシーンは、何度でも見たくなるワクワク具合でありました。

パンフレットより

パンフレットより

この日はシャキッとしたくて、久しぶりに和服で。今年も無事単衣に袖を通すことができて、よかったよかった。

衣擦れの音が耳に心地良く、つい、家からニトリ文化ホールまで歩いてしまいました。

札幌舞踊会代表の千田雅子さんは、以前インタビューもしておりますので、よろしければこちらもどうぞ。

(編)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree