土曜日はハイバイ『霊感少女ヒドミ』を見にコンカリーニョへ。

hidomitop1

「私は妄想の中の彼を好きになっていたのかもしれない」という思いって、誰もが抱いたことがあると思うのだけど、でも目の前にいる人のことをどのぐらい知っているかというと、案外不確かというか。

言葉や態度から勝手にこちらが「その人像」をつくっているだけなのだけど、それがお互いに好ましく思えて、さらに一緒にいたいと願望が一致して、それが何十年も持続するのって、ホント奇跡的だな。

と、本作を見て改めて思いました。

舞台映像も、『ポリグラフ』に引き続きムーチョ村松さんが手掛けていて面白かったです。

こうなると逆に初演時のものを見てみたい気も。

こちらの岩井さんのインタビューも、観劇後に興味深く読みました。なるほどなるほど。

(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree