2015年に見たり聞いたりした中で、来年も個人的にチェックしていきたいなと思う札幌のヒト・モノ・コトをご紹介。

(とはいえ、2015年は全く歩き回ってないので、とても限られた行動範囲の中でのチョイスです)

ささやかながら、演劇、美術、映像の順で挙げてみました。あと最後に雑感を。

【演劇】

演劇制作会社ラボチ

ラボチは、札幌公演を考えている道外カンパニーにとって心強い存在なのではないでしょうか。

小室さんには、道外の面白いカンパニーをどんどん引っ張ってきてもらいたいな〜。なんて。

北海道演劇財団の海外交流&Re:Z

韓国の実力あるカンパニーや、サハリンのチェーホフ劇場の作品を札幌で観ることができるのは、演劇財団の海外交流のおかげであります。ありがたやー。

プラス、2015年度で言えば岡崎藝術座やtheatre ort、3月の笑の内閣(これからの公演ですよ!お見逃しなく)など、道外の面白いカンパニーなども紹介している「Re:Z」も楽しみのひとつ。

※ちなみに現在、提携公演参加団体を募集中です。募集要項はこちらからどうぞ。

あと、数ある劇場公式ツイッターの中でも、シアターZOOは結構ファン多いのではないでしょうか。支配人の阿部さんのセンスですねえ。

【美術】

S-AIR天神山アートスタジオ

これはもう、100%自分の興味関心から。あ、あと寝床もステキです。

SIAFラウンジ

電源・wifi完備のありがたい街中の仕事場所。(と言いつつ、つい人と話してしまって仕事はさっぱりはかどらない。でも行っちゃう)

SIAFラボ・マネージャーの斎藤ふみさんが、ここに常駐していることが、何よりの魅力です。みんな、ふみさんとお話しに行ったらいいんじゃないかな。

キーボーさん

アーティストで一般社団法人PROJECTAディレクターの高橋喜代史さん。Meeting PointとかPARCとか、良い企画!

【映像】

大島慶太郎さん伊藤隆介さん

私の中で不動の二人。2015年、というより2016年3月にHUGで面白い上映会を企画されているそうな。楽しみ楽しみ。

小野朋子さん

いやホント札幌に小野さんがいてくれて良かった…というくらい、なくてはならないお方。

2015年は、何と言っても「爆音上映」を札幌に持ってきてくれたことがマジありがたすぎて、もうホント感謝感謝であります。

1/29(土)-30(日)には待望の札幌爆音上映vol.3がありますよ!まだ一度も行ったことがない方は、ぜひこの機会に。

爆音上映は、たとえ上映作品にピンと来てなかったとしても、ここでしか味わえない「映像と音の体感の場」として足を運んで損はないです。(でもvol.3の『地獄の黙示録』は必見だと思う)

—————–

と、ここまで挙げて

なんだかんだと、大体自分と同世代の人たちの活動に照準が合わさってくるんだなー、と。きっと20代の人たちの中でも、面白い動きがどんどん生まれてるのでしょうねえ。

★あとは、「作品を観る」行為に関して言えば、自分の場合だんだん道外へとその場所が移ってきていて、それはそれで別にいいかなと思っております。

かといって、「札幌が面白くない」と言いたいわけではありません。何と言うか、自分が札幌に感じている魅力は、「交流の場」としての可能性です。

天神山アートスタジオや寝床のような滞在場所があって、食べ物も美味しくて、すぐ近くに温泉があって、自然も豊か。

そこでリフレッシュしながら、札幌や国内外から集まった文化・芸術に関わる人たちと交流できる場所、

札幌。みたいな。

自分も、今後はそういうところに情熱を注いでいきたいな。

がんばるぞー

(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree