2日目の午後は、作品案内バス「すずバス」に乗って、Cコース(正院〜三崎〜蛸島エリア)鑑賞。

1つ目は旧銭湯(恵比寿湯)

DSCN7684

で、井上唯さんの作品

DSCN7679

と、麻生祥子さんの作品。

DSCN7681

恵比寿湯は1920年創業で、一昨年まで営業していたそうな。

DSCN7682

この案内とか、いいですね。

次は三崎地区に移動して、小山真徳さんの作品。

DSCN7687

髪の毛は海藻ですよ。

DSCN7688

波打ち際を見れば、朝鮮半島からの漂着物。

DSCN7689

こんなに連日流れ着くと、処理も追っつかないというか、大変そうですね…。

お次は岩崎貴宏さん、

DSCN7690

次はOngoing Collective。

DSCN7693

案内バスのコースだとOngoing Collectiveの鑑賞時間が15分で設定されているのですけど、10アーティストが参加していて、映像作品が軒並み30分コースなのに、15分で一体何を見ればいいのか途方に暮れる。

ということで、次の日に自転車で再訪することに。(実際、翌日3時間くらいかけてゆっくり見ましたが、その価値あります!街中展示をそのあとに見ると、なお良し。)

話戻り

この後は蛸島地区に移動して、バスラマ・コレクティブ。

DSCN7694

楽しそう。

トビアス・レーベルガー。

DSCN7696

廃線になった線路を歩いて

DSCN7697

旧蛸島駅でエコ・ヌグロホ。

DSCN7698

他の人たちには先に行ってもらって、自分は一人映像作品を最後まで鑑賞。日本が戦中に占領下のインドネシアで作り、今は廃線となった鉄道の記録映像。

鉄道に関する作品も複数作家が制作していたけれど、それらを全部見て浮かび上がるものもあるなー、と。これもまた、芸術祭ならではの良さですね。

鑑賞後は走ってみんなを追いかけて、

この日の最後は、ウー・ジーツォン&チェン・シューチャン。

DSCN7700

これはさすがに、ちょっと駆け足鑑賞になってしまいました。

ちなみにCコースのガイドさんも、午前と同じく池谷内さん。池谷内さんは週1回の登場らしく、ちょうどその日に当たって超幸運。いろいろ話せて、楽しかったなあ。

帰りに多間本家(左)と、(いも菓子の元祖として看板がめっちゃ出ている)泉谷菓子舗で、いも菓子を購入。

DSCN7702

(食べ比べてみましたけど、たいして違いはない。)

夜は大人気らしい、ろばた焼あさ井でご飯。

連日ご馳走続きです。贅沢!

(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree