翌日は『不純物と免疫』を見にトーキョーアーツアンドスペース本郷へ。

DSCN8102

無料配布の解説は、週替わりで01〜04?までが会場で配布されるので、

DSCN8103

何度か足を運んで綴じていくと図録が完成するというもの。グッドアイデア。

「展覧会はたんなる結果の集積ではなく、思考、実践、共有の時間と空間として存在します」とあって、この配布物は、思考の共有という面で自分的にとても良い読み物でした。

大和田俊さん、百頭たけしさん、迎英里子さんの作品が特に興味深かったなあ。(参加アーティストの紹介はこちら。)

お次は高田冬彦さんの個展を見にOngoingへ。これ、最高でした…手を叩いて笑ってしまった…

高田さんもカフェにいらして、ちょっとお話できたのも嬉しい。

お次はTERA TO TERA祭りを見に三鷹駅へ移動。

DSCN8032

↑駅前では江上賢一郎さんとMichael Leungによる『路上の学校』が。

とりあえずマップ片手に、まずは武蔵野芸能劇場へ。

DSCN8033

↑山本篤さん。この後、目隠ししてる山本さんのすぐ横に、Ongoingの小川さんがピッチングマシンでボール発射してるのとか、笑いました…。やたらと懐かしい、このノリ。

目隠ししながらゲルニカ描いてるのもすごっ。

こちらはoff-Nibrollの会場。

DSCN8034

展示。

DSCN8035

良い!

あとは、映像でしか見たことのなかった二藤健人さんの『誰かの重みを踏みしめる』を、リアルに見れて満足。

DSCN8039

すごー

DOVVTqJVAAA81kN

そのあと、山城知佳子さんのパフォーマンスを拝見。戦争の音が染み込んだ身体、というものが存在することがもの凄い…。終了後、山城さんとも話せて、あいちトリエンナーレの映像作品も含めて感想を伝えられて嬉しかったです。

帰り際に小川さんともお話。山城さんのパフォーマンス後の高揚感もあって、また背中をバシーンと叩いてしまった私…とても良い企画をありがとうございます…。

で、帰札。

結構仕事のスケジュール的に厳しかったけど、エイヤーッと行って良かったなあ。(で、もちろんその後テンパった)

(編)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree