毎年この日は同じ書き出しなのですが、今日が誕生日の自分にとっては、2月25日が一年の初め。42歳の始まりです。

今年はとにかく自分のペースで。

自分のことだけ考えて、好きにやりきるってところに挑戦しようかと。

そして、とても個人的なプロジェクトの方は今年が4年目。最初の3年は必死だったけど、今年はもうちょっと気楽に行きたい。

自分の一番の興味関心としては、

レジデンスのプログラムにここ2年関わって、いろいろな土地に一定期間滞在して、自身の創作の糧にできるアーティストを羨ましく思いつつ、その「レジデンス」の仕組みが専門性以外のところにも開かれていかないものか…と考えていたのです。(単純に、自分がレジデンスしたいから。)

そんな時に、シビウ国際演劇祭のボランティア・プログラムに参加し、2018年には欧州文化首都との交換プログラムとして、未来の欧州文化首都からボランティアを受け入れているのを見て、ボランティアのエクスチェンジにとても可能性を感じました。

体験した自分の実感として、専門性は持たないけれど、芸術が生活に欠かせないものになっている人たちが、世界中のアーティストや同じ気持ちを持つ仲間たちとつながっていける素晴らしい仕組みだなと。

※「受け入れ」「エクスチェンジ」は、渡航費や宿泊費、食費の補助など、滞在に際し招へい側のサポートが入るものを指しています。セルフファンディング型の全て自身が負担する形での参加ではありません。

今自分が追求したいのは、その仕組みにいかに食い込んでいけるかです。できるかなー?

そして全く話は変わりますが

生年月日が同じなカジタ君。最近はFBで「お茶してきたシリーズ(今勝手に命名)」などもぽちぽち始めていて、興味深く拝読。誰かが誰かを紹介する文章って、面白くてつい読んじゃう。

お互い、良い42になるといいですねえ。

(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree