前回から引き続き。

8/26(水):国際ダンス映画祭傑作選 2020

8/27(木):『The Old Guard』@Netflix

シャーリーズ・セロン、格好良いな〜。続編あるような終わり方で楽しみ。

8/29(土):Sapporo Dance Collective 2020 さっぽろ文庫101巻 『声』

こちらの羊屋白玉さんのインタビューも合わせてどうぞ。

Sapporo Dance Collectiveのインフォページには

COVID19の世界的な感染拡大を同時代に体験したものとして、メンバーの身近な人たちへのインタビューや対話の中から「声」を収集。またアンケート調査の回答からも「声」を探しました。

とあり。

※アンケート調査は、札幌の文化芸術関係者の有志達によるアンケート調査活動「新型コロナウィルス感染長期化に対峙する札幌の文化芸術関係の活動再開への道を探るアンケート調査 第一章 影響と損失」のこと。

作品中で語られた声のうち、自分的には特に藤田冴子さんの「声」を聞けたことが良かったです。ちょうどその時期、藤田さんがTO OV Cafeで「WASHING MY PANTY」という個展をしていて、一度お店で居合わせたのだけど作品についてきちんと話を聞く機会は逃し。

とても表層的な受け止め方のまま、「聞く機会を逃す」ことを自分は選択していたけれど、『声』の中で幸運にも彼女の声を聞く機会を再度与えられ、全然違ったな、と。

こうやって真意を誤解したまま、声を聞く機会もなく終わることって、たくさんあるんだろうなあ。

ホームレス支援のための夜回り映像も何度か挟まれて、札幌の「沈黙する声」をきちんと見せてくれたのも良かったです。

8/30(日):Zingaro『On achève bien les Anges – Elégies』

芸術的な馬術というか、人と馬が、あんなステップで踊って、演じて、こんな作品を創ってしまうのがすごい。とんでもなく美しい世界でした…。ジンガロ〜

9/1(火):ロロいつ高シリーズ『いちごオレ飲みながらアイツのうわさ話した』

EglUxl2VgAEvoCG

いつ高新作公演開幕に先がけ、3作品を9/13まで無料公開中。Youtubeページはこちら

いつ高シリーズは、2015年に『いつだって窓際であたしたち』をSTスポットで見て以来。『いちごオレ〜』も、最後の「遠い日の花火」感に悶えました。残り2作品も見るぞー

9/2(水):国際ダンス映画祭傑作選 2020

City Dance Jerusalem – Kaet ansamble『Highway #1』

とか

Céline Larrère, Guillaume Gaudart『RURBANISME』

とか、面白かったな〜

国際ダンス映画祭傑作選2020は、毎週水曜日に配信中。来週も楽しみです。

(編)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree