先日プラニスホールで開催中の、JRタワー・アートプラネッツ2011『織姫たちのスイーツ・アート』を観に行ってまいりました。

画像引用元 http://www.jr-tower.com/planis/info_detail13.php

今年のテーマは「スイーツ・アート」ということでしたが、ところどころ、あまりの「スイーツ」じゃなさっぷりにニヤニヤ。本展ご挨拶とのギャップが面白いです。

観ているときに、「粘膜」という言葉がチラチラ頭に浮かびつつ。

ちなみにフライヤー等のグラフィックは、菊地さんのブログでもお馴染みの鎌田さんですよ。

話変わり、昨夜は初どくんご

プレイベントの舞踏のときも感じましたが、公園って、舞台上の世界がどこまでも拡張していける良さがありますよね。

劇場などでは絶対味わえない、圧倒的な奥行き(行こうと思えばどこまでも行けますから)が、観ていて本当に気持ちよい。

そこに偶然通りがかった人たちが、巻き込まれちゃったりして。そんな光景を見ると、自分も偶然発見する側になりたかったなあ、なんて思ったりするのです。

どくんごのお芝居は、前半わりと苦手だなあと、なかなか入っていけなくて時計をチラ見しちゃったりしましたが。後半空間が拡張するあたりから、素なのか虚構なのかよくわからない雰囲気になってきて、それが面白かった。

時事ネタもあって、笑いました。

今日は楽しみな打ち合わせ&撮影あり。

抱えてるテキストも、三連休に頑張った甲斐があってゴールが見えてきましたよ。

よいよい。

(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree