気になるイベント、お次は5/15から始まるFINLAND DAYS!! vol.2

北欧雑貨蚤の市@地下歩行空間(5/21)やLOPPIS2012(5/25-27)のほか、

6/2の映画上映(『ヤコブへの手紙』と『100,000年後の安全』がなんと無料!※要整理券)、

6/16のフィンランド短編映画上映会(主催はHPでつい首を傾げてしまうスノウバグズですよ!こちらもなんと入場無料!)などなど、とにかく盛り沢山。※FINLAND DAYS!!のリンク先には、その他のイベントやそれぞれの詳細も載っていますので、ご覧くださいまし。

の中で、

(何となく)圧倒的に情報が届いていないように思われる、3つのコンサートがあります。

一つ目は、5/24(木)19:00より、ちえりあで開催される『フィンランド伝統音楽の巨匠たちコンサート』。(内容は、5/26に東京で開催される同じコンサートの告知ページでチェック!)

来札する巨匠の一人、アルト・ヤルヴェラさん(ヴァイオリン)が創設メンバーの一人でもあるJPPのコンサートは、前回のFINLAND DAYS!!で聴きに行き、その素晴らしさに涙腺が壊れましたっけ。

二つ目は、6/12(火)19:00より、同じくちえりあで開催される『サリ・カウラネン&ティモ・ヴァーナネンコンサート』。(の魅力についてはこちらをご参照ください)

三つ目は、FINLAND DAYS!!のトリを飾る『SVANGコンサート』(6/20(水)19:00〜)。

驚きなのは、3つとも一般前売りが4,000円なのに、3公演通し券が6,000円(!)ということ。

思わず太字にしてしまいましたが…

情報通な人は、「えーーーー、この3つが聴けてこの価格はあり得ない!!」と驚いておりましたが、ホントそうなのでしょうねえ。(ちなみに『フィンランド伝統音楽〜』は東京だと自由席で5,000円です)

というか、ここにプロデューサーの心意気を感じたり。

かの内田百聞さんも

「お金の無理は西洋の名人の演奏を聴きたいばかりとは限らないが、そう云う時の無理算段はすぐ忘れてしまう。無理を覚えていろと云うのは無理だ。忘れるが自然である。

無理して聴きに来て、聴いた途端に無理の方は忘れてしまう。感激を覚えた名曲の方は忘れない。」

とおっしゃっております。(←先日ツイッターで見かけました)

確かに。

と言いつつ、通し券は…しばらく迷ってみます。でも2回行けたら元は取れます。ふむ。

あ、チケット予約(通し券含め)はこちらからどうぞ。

5/21追記:やはり通し券だよなーと思って、本日予約してしまいました。楽しみ!

(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree