TUC+KYOKUやねうら公演

昼公演(『死体のある風景』)を見てまいりました。

地味に、人形を持っていない滝沢修さんを見るのは初めてであります。

先月同じ作品を観劇しましたが(そのときの感想はこちら)、金野翔太さんバージョンより滝沢さんバージョンの方が、より胡散臭さが増した感が。(←褒め言葉です)

「ずいずいずっころばし〜」と歌うシーンは、金野さんに一票かな。あとは本日の夜公演(19:00-)が残っておりますよ。詳細は上のリンク先をご覧くださいませ。

私は、夜は『アンダンテ・カンタービレ』を見に行く予定です。

この作品は、以前、演劇財団の平田さんにインタビューしたときに話題に出ていたのでした。(インタビュー記事はこちら

楽しみ楽しみ。

(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree