昨夜は人形劇団ココン糸による奇妙な夜」を見に、札幌市こどもの劇場やまびこ座へ。

代表の山田俊彦さんは、糸操り人形操作・製作を糸あやつり人形劇団みのむしの飯室康一さん(と、アルブレヒト・ローゼルさん)に学んだ方だったのですね。

飯室さんは、今年初めにやまびこ座で作品を拝見し、その超絶糸操りにしびれたお方です。(その興奮さめやらぬブログはこちら

いや、確かに昨夜も、『生誕の夜』で赤ん坊(の人形)がおしっこを飛ばしたときに、「みのむし公演のときもカエルがおしっこを飛ばしていたけど、これは糸操り界のお約束なのだろうか…?」と思ったのです。

師弟関係(とは違うかもしれないけど)とわかり、納得。(←)

話戻り。

ココンの作品世界は、

『奇妙な夜』とはまさに。という感じで、不思議な夢の世界に迷いこんだ感あり。

四角や円錐などの立方体を使った『カタチの夜』シリーズも、美しかったなあ。何と言うか、深海の生物を見ているようで。

最後の立体アニメーションは、会場内テンション上がりまくりでした。

でも、地味に一番好きだったのは、『シカクの枠』かな。何だか官能的で。

飯室さんも山田さんも携わっていらっしゃる、ITOプロジェクトなるものもあるようで。札幌での公演はまだ一度もないみたいですけど、いつか来札してくれたらいいなあ。

次のやまびこ座の大人向け人形劇も、俄然楽しみになってきました。

(HPトップの「おすすめ公演」というところに、前回も今回も掲載されておりましたので、そちらをチェックすると逃さないかと。)

※大人向けとは言っても、どちらの公演時も席にはキッズの姿もありましたので、どんどんお子様と一緒に足を運んでみてください。

(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree